글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 65권 0호

第二言語としての韓國人日本語學習者の日本語能力測定に 關する再考と上級學習者の音聲敎育

第二言語としての韓國人日本語學習者の日本語能力測定に 關する再考と上級學習者の音聲敎育

리상수 , 김희섭

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 65권 0호

- 페이지 : pp.49-62 ( 총 14 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(외국어)
第二言語としての學習者の日本語能力を測定し認めることを目的する試驗として、いわゆる日本語能力試驗(JLPT)が世界的に行われている.これは學習者の言語知識とコミュニケ-ション上の課題の遂行能力を測るということを目指し、N1∼N5レベルの5段階に評價している.一方、グロ-バル化が强調されている今頃、實際のコミュニケ-ション能力の向上に役立てる同時に、言語の運用能力測定法としての評價が求められている.本硏究では、まず、JLPTは學習者における實際の言語の運用能力測定法として、その機能を果たしているのかを槪關し、その上で今後の課題と方案を提示したい.分析の一環として、N1を所持している韓國人日本語學習者を對象として聽解能力を測定し、聽解のレベルがどのようであろうかということを檢討する.こうしたことに基づき、JLPTはコミュニケ-ション機能をより充實に反映し言語の運用能力でも最も基本的な能力である聞く能力(聽解能力)の測定法としてその役割を果たしているのかに着目し、JLPTは日本語レベルの判斷基準として充分であろうか、JLPTの聽解能力測定は學習者の聽解能力を正確に測っているのかについて考える.さらに、上級の日本語學習者を向けた發音敎育と聽解敎育が含まれた音聲敎育の關点から、これからの日本語敎育の發展と方向および本硏究の日本語能力關について考察する.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 65권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.49-62 ( 총 14 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2014-700-001471296
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232