글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 65권 0호

한국인 일본어 학습자의 「단어 친밀도」에 관한 고찰

조남성

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 65권 0호

- 페이지 : pp.63-84 ( 총 22 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,200
논문제목
초록(외국어)
本稿では韓國の日本語敎育に必要である基礎資料を得るために、韓國人日本語學習者における日本語の單語(1410個)の「單語親密度」を調べた.「單語親密度」とは、日本語の單語を、日本語として見聞きする度合いで、7段階尺度(1~7)で示される.その主な結果は次の通りである.(1)學習者(上)<JLPT、N1∼2>の20人、學習者(下)<JLPT、N3>の20人は尺度値を各-3つ、4つ以上用い、日本語單語の親密度に差があることを示している.(2)日本語の單語の全體的な親密度に關しては、學習者(下)より學習者(上)の方が高く評定している.(3)「單語親密度」の分布では、日本語N5語彙の64·5~69·3%、N4語彙の62·0~67·1%だけが各-日本語N5、N4語彙に該當する.(4)親密度1~729位の場合において、基本語彙がN5語彙に該當するものは、學習者(上)では53·6%、(下)では55·7%、基本語彙がN4語彙に該當するものは、學習者(上)では22·4%、(下)では19·5%で差が大きくない.親密度730~1410位の場合において、基本語彙がN5語彙に該當するものは、學習者(上)では21·7%、學習者(下)では19·5%、基本語彙がN4語彙に該當するものは、學習者(上)では17·3%、學習者(下)では20·4%で差が大きくない.(5)1410個の單語の親密度は、學習者(上)では「いい/よい、いう(言う)、~にち(~日)、ひとつ(一つ)、なまえ(名前)」など、學習者(下)では「わたし、はじめ(初め)、いい/よい、ひと(人)、あう(會う)」などが一番高い.そして、學習者(上)では「もめん(木綿)、ふうとう(封筒)、フィルム、じびき(字引)、はいざら(灰皿)」など、學習者(下)では「うかがう(お宅に伺う)、うかがう(先生に伺う)、おしいれ(押し入れ)、きぬ(絹)、うえる(植える)」などが一番低い.以上の結果は、日本語を敎えている敎師にとって意味のあるものと言える.それは何よりも日本語の敎授·學習及び敎材作成において、日本語の單語の頻度などと共に親密度を利用することである.今後の課題としては文型文法の親密度を調べることが考えられる.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 65권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.63-84 ( 총 22 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2014-700-001471307
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232