글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 65권 0호

마키노 신이치와 이상 문학에 있어서의 "사소설"적 글쓰기의 특징 비교

김명주

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 65권 0호

- 페이지 : pp.139-157 ( 총 19 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,900
논문제목
초록(외국어)
本稿は牧野信一と李箱文學における私小說的<書き方>の特徵を比較したものである.牧野と李箱の<私小說>的 作品は第一に<プロロ-グ>と<エピロ-グ>の多用、第二に作品の中に自分の名前や家族及び知人の名前、そして作品名を直接提示し、第三にハイフンや括弧などを利用した注釋的說明を多用しており、第四に日英語、韓日語のような二重語的樣相を持つなどの書き方の類似性を共有している.このような結果からいくつかの境界的樣相を確認することができる.まず、文體的境界性として、ジャンル的境界性を確認することができた.これは<隨筆化>樣相として定義することができ、彼らの詩的な敍情性の發露として起因したものと考えられる.次に言語の境界性として、時代と個人的志向性からその原因を探ってみた.次に作家の<私>と<その私を見つめている私>の二つの自我の境界性において自分の身邊の出來事を複寫(コピ-)して選んで張つけるなどの方法によって<私>と世界の關係を美學的に再構成していく方法である.彼らは客觀的な現實の再現は勿論であるが、事件の論理的展開や劇的な結末の提示などにはあまり關心がなく、<內面>の强調、擴大に注力している.それは客觀的現實の中に直面した<私>の絶望性に對する美學的な創出として、本來の<私>の人生は<虛構的私>の人生によって削除されて<上書き>される書き方の形態である.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 65권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.139-157 ( 총 19 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2014-700-001471347
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232