글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 66권 0호

韓國人學習者の日本語身體部位慣用句の意味推測 -構成要素の母語對應が與える影響-

韓國人學習者の日本語身體部位慣用句の意味推測 -構成要素の母語對應が與える影響-

脇川友惠

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 66권 0호

- 페이지 : pp.17-32 ( 총 16 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,600
논문제목
초록(외국어)
慣用句(idiom)は、表面的な言語形式とその表現全體が持つ槪念の對應關係が不透明であるため、第二言(以下L2)學習における大きな障壁と言われている。本硏究では、學習者の母語(以下Ll)との對應がその意味の推測の成功に影響を及ぼすか質問紙調査を行い檢證した。日本語慣用句を「言語形式が對應している表現がL1に存在しているかどうか」と「槪念を共有している表現や文化がLlに存在しているかどうか」という觀点から4つに分類し意味推測をさせた結果、正答率は「形式○槪念○」 「形式×槪念○」 「形式○槪念x」 「形式×槪念X」の順となり、各タイぺ閣に有意差が見られた。特に槪念○の2タイプが槪念×に比べて著しく正答率が高く、Llにおけと槪念の有無が意味十호IJに大きく影 響することが示された.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 66권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.17-32 ( 총 16 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2014-700-001471418
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232