글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 66권 0호

發話速度および情報量の韓日比較 -テレビニュ-ス音聲を中心に-

發話速度および情報量の韓日比較 -テレビニュ-ス音聲を中心に-

中坂富美子 , 李?培

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2013

- 간행물 : 일본어교육, 66권 0호

- 페이지 : pp.89-104 ( 총 16 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,600
논문제목
초록(외국어)
本稿では、韓國語と日本語のテレビニュ-ス音聲を對象として、發話速度と情報量を比較分析した。その結果、ポ-ズを含んだ發話速度よりもポ-ズを除いた調音速度で韓日の差が大きく出ることとなり、日本語の方がより速く話されているが、その分、長いポ-ズをとることによって聞きとりにくさを回避していと傾向があることが明らかになった。また、韓國語は文章全體に斷續的に短いポ-ズが揷入されているのに比べ、日本語は文中と文末のポ-ズの長さの差が大きしオ頃向があることも示された。情報量については、同じ長さの發話において、名詞および助動詞類、全體の語數について韓國語の語數が多いことが示されたが、その理由として、韓國語の名詞の平均音節數が日本語に比べて少ないこと、韓國語における冠形詞の轉成語尾の多用が考えられる。また、助詞類の平均値は日本語の方が多く、その理由として「の」 と「むの多用が擧げられる。韓日兩言語でのポ-ズの揷入位置·長さの違いは日本語の音聲敎育に、情報量の違いは作文や通譯·飜譯の敎育に活用されることが期待できる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 66권 0호
  • - 발행년도 : 2013
  • - 페이지 : pp.89-104 ( 총 16 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2014-700-001471463
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232