글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일어일문학회 > 일어일문학연구 > 88권 2호

아베 코오보오(安部公房)의『손(手)』연구 -파시즘과 우의성을 중심으로-

A Study on "The Hand" of Abe Kobo -Fascism and Allegorism-

김용안 ( Yong An Kim )

- 발행기관 : 한국일어일문학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일어일문학연구, 88권 2호

- 페이지 : pp.89-110 ( 총 22 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,200
논문제목
초록(한국어)
安部公房の小說『手』は短編小說でありながらも、戰後處理に對する日本當局のやり方に銳い批判を盛り入んで風刺した傑作であると言える。この論文は小說『手』に含まれている寓意的な手法を探し出すことを目的とする。この作業を通じて作品の全貌が明らかにされ、作家をさらに深く理解するのに役に立つと思われる。小說の內容は次の通りである。戰爭が終わるとかえってこれという理由もわからないまま、無規律と混亂が漲っているアイロニ-の狀況が續く。そういう中で戰爭責任者の處罰を行うどころか、命令に從って參戰した人-のみがお互いに殺しあったり、傷付けあったりする。戰爭責任を避けている者達のでっち上げによって、普通の群衆の象徵である作中人物の<手>が殺されるパラドックスを捕らえている小說である。戰爭を背後で唆した戰犯たち、いわゆる<頭>の存在は跡を暗ましたまま、彼らの命令を行動に移した<手>のような存在の者達のみが跋扈している本小說は、題目のようにデフォルメされた手のイメ-ジが戱畵的である。平和の渡來とともにその間隱れて暮してきた實體のない、戰爭への回歸を願望している<頭>の挑發とそれに媚びる一部の<手>の妄想と破綻を象徵する本小說はまさに現代版の寓話である。短い作品であるにもかかわらず、悲劇の最後をとげた<手>を中心に、その他道具の役割を果たした<鳩>とその動物の頻繁な變形、そして戰爭狂たちの舞台裏での暗躍など、長編にしかないような多樣な內容が壓縮ファイルのように盛り入まれている。完璧なプロットと節制の美學が目立つこの小說は、歪曲した世態をみごとに風刺したアフォリズム的なアレゴリ-である。これを可能ならしめられたのは社會構造を人體に譬えて作られたみごとな<手>のメタファ-のおかげである。これはいわゆる、作家が發見した補助線のようなものであると言えよう。作品の中のすべての人物は<手>と繫がっているイメ-ジである。鳩は<手>の道具として利用されているが、道具が手の延長であることを考えればそれもまた手であるわけである。そして舞台裏で暗躍する匿名の彼らは、まるで自分達が頭であるかのように行動するが、彼ら自身も下手人の存在に過ぎない。しかも小說の題目である<手>の慘めな運命は、終戰後とんでもない斷罪にされた數多くの群衆を象徵している。この手達の樣-な樣子を描いた本小說には、正義は本當に存在することができるのかという疑問に對する根元的質問や警告や敎訓の意が含まれていると言える。
초록(외국어)
After a study on the metaphoric content of the novel “The Hand”, one of Abe Kobo``s transformation stories, focusing on its allegorism, the following results were drawn. The novel is what the writer grasped another paradox in which “The Hand” is sacrificed by the fabrication of those who avoided the reality and responsibilities that they had to face after they implemented the war as they were ordered apart from the historic punishment of those who were responsible for the war in a paradoxical situation when unknown lawlessness and chaos arrived after the war. In the novel in which only “The hand” who implemented the command dominates during the absence of war criminals, namely "the head" who incited and controled the war, the image of the deformed hand is cartoonish just like the title. It is an allegory of aphorism that satirized social conditions completely although it is a short novel in which esthetics of the perfect composition and moderation stand out. What made it possible was the varied metaphors of “The Hand”, which refers the social structure to the human body. The content that can be commonly seen in a full-length novel such as the title of the novel "The Hand", first of all, which had a tragic end as the central figure, a dove which took its tool role, and the frequent transformation of “The Hand”, the backstage secret action of electric lights, etc. are unrolled like a compressed file. Additionally, the novel implies the original skeptical view of the writer on the true existence of justice taking many different aspects of “The Hand”, and warning and a lesson towards the stupid people who follow the crowds blindly without self-awareness on the reality that Fascism is not dead and is always having an eye on us.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일어일문학회
  • - 간행물 : 일어일문학연구, 88권 2호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.89-110 ( 총 22 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2014-700-001492471
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-2552
  • - 수록범위 : 1979–2021
  • - 수록 논문수 : 3177