글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 67권 0호

大學の『敎養日本語』の受講後の학學習意欲の維持,向上 -受講生の授業滿足度からの影響を中心に-

노주현

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 67권 0호

- 페이지 : pp.1-10 ( 총 10 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

4,500
논문제목
초록(외국어)
本硏究では、大學の敎養日本語(初級)の受講後の學習意欲の維持及び向上に與える影響要因を探るため、受講生の授業滿足度に注目して分析考察した。その結果、以下のことが明らかになった。(1) 敎養日本語の受講生の學習意欲を維持向上していくためには、學生のニ一ズを反映し日本語會話や日本の社會文化に關わる中級講座或いは日本語能力試驗對策講座などを開設する必要がある。(2)今學期の敎養日本語の受講生は全體的に授業に滿足しているが、項目ごとに偏差が見られ敎授に對する滿足度(4.20) 授業成果に對する滿足度(3.88)>授業方法に對する滿足度(3.86) 外的環境に對する滿足度(3.62)>敎材に對する滿足度(3.21) の順であった。このことから授業滿足度を高めるためには敎材の再編成が必要であると思われる。(3) 外的環境に對する滿足度と授業成果に對する滿足度は、學習意欲に影響を及ぼす要因である。このことから、大學の敎養日本語の受講後の學習意欲を維持向上していくためには、受講生の數などの敎室環境を整え、日本に關する理解や日本語の上達をねらいとした授業內容の編成などにも氣を配る必要があると考えられる。このような硏究成果は、せっかく日本語を習い始めた敎養日本語(初級) の受講生の學習意欲を受講後も維持向上させるための指導方案や對策作りに有用な情報として提供できると思われる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 67권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.1-10 ( 총 10 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000617176
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232