글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 67권 0호

韓國人日本語學習者における類義動詞分析の□きと指導方案 -『日本語學習使い分け辭典』の類義動詞を中心に-

리상수

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 67권 0호

- 페이지 : pp.11-27 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(외국어)
本稿では韓國人の上級日本語學習者が類義動詞を分析する際、類義動詞の分析が□く場合が見られ、その□きについて調べてみた。また、學習者が分析の□きを乘り越えるために、どのようなストラテジを使って、類義動詞の意味の違いを探るかというプロセスについて考察した。その結果、學習者は類義動詞分析の□きを乘り越えるために、文脈分析ストラテジ一と置き換えストラテジ一を使って類義動詞の使い分けを把握していくプロセスが明らかになった。それに基づき、本硏究では日本語敎育における語彙指導の一環として、類義動詞の指導方案を三つの觀点から提案した。1) 連語的な觀点からの捉え方として、文の成分として品詞との共起關係による文の意味をとらえるという連語的捉え方による指導方案である。2) 置き換え可能のテスト方法として、類義關係にある動詞が置き換えることができるが、兩言の意味の微妙な違いによって使い方が分けられ、置き換え可能のテスト方法による指導方案である。3) 韓國語との對照による日本語の意味確立として、同じく表わされる韓國語が日本語には意味別に分けられる類義動詞を韓國語との對照によって分類することである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 67권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.11-27 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000617181
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232