글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 67권 0호

高校,大學のア一ティキュレ一ションとCan doの可能性に關する考察 -J-GAP韓國の場合

정기영 , ?校裕朗 , 奈須吉彦 , 정지은 , 황미경 , 차상우 , 鈴木裕子 , 永嶋洋一 , 정희영 , 문상근 , 小野里? , 水沼一法

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 67권 0호

- 페이지 : pp.29-45 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(외국어)
ア一ティキュレ一ションArticulation とは、日本語では連關と呼ばれ、學校間、クラス間、プログラム間、レベル間等で目標、活動內容、評價などにおいてつながりを持つことを意味し、このつながりがあれば、學習者の能力はプログラムに從って、確實に伸びくと考えられている。J GAP Japanese Global Articulation Project はア一ティキュレ一ション達成を妨げる要因を克服して、ア一ティキュレ一ションを達成することにより、日本語敎育の質を上げようという、2011年1月より始まった、グロ一バル次元でのプロジェクトである。本企畵パネルセッションでは、中等敎育高等敎育のア一ティキュレ一ションの可能性について、3年間の實踐の中から、現場での具體的な取り組みを擧げた。JFスタンダ一ドを導入することにより、それぞれの敎育現場において、Candoの形で目標が明確になり、目標が明確になることで、授業內容と、評價が變わってきたことが確認できる。また、敎育機關の內部でも改革につながり、外部でもつながりを持とうとする動きが起きている。更にア一ティキュレ一ションのための敎科の韓國型ポ一トフォリオ開發は今後に向けて大きな可能性を持っているといえる。JFスタンダ一ドという共通の尺度を持つことにより、內省と對話が始まる。それを繼續することで、人と人、クラスとクラス、敎育機關と敎育機關のつながりへの道が見え始めている。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 67권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.29-45 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000617196
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232