글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 67권 0호

『尾形了齊覺書』 論

김희조

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 67권 0호

- 페이지 : pp.121-131 ( 총 11 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,100
논문제목
초록(외국어)
『尾形了齊覺書』は大正六年の新潮に發表された芥川龍之介の切支丹物に屬する短編である。本作品には、芥川の切支丹趣味や芸術的莊嚴のための道具だけではなく、基督敎そのものに對する思想も表れている。すなわち基督敎信徒の篠と彼女の娘裏を通して基督敎の治癒の奇跡をも表しているのである。篠は夫與作と死別していたが、再婚もせず專ら切支丹の信徒になって、熱心に泥烏須如來を守り本尊として拜 んで來た。ところが、篠は娘裏の命を救うため轉びを選ぶ。傷寒に罹っていた裏の治療のため、了齊に棄敎を迫られて、どうしょうもなくころびをしたのである。作者芥川は娘の命を救った篠のころびを、人間として、母親としての當然の行爲としている。ヒュ一マニズムを選んだ篠の行爲を斯くあるべき行爲としているのである。こういった意味合いで芥川は篠に肩を持つ。彼は篠の懺悔を以って亂心を靜めてたうえで、裏をも蘇生させる。尾形了齊覺書は芥川のヒュ一マニズムと基督敎の奇蹟を通して、彼の基督敎の理解を深めた短編である。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 67권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.121-131 ( 총 11 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000617252
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232