글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 67권 0호

위안부(慰安婦) 문제(問題)의 재고찰(再考察)

김인현

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 67권 0호

- 페이지 : pp.133-161 ( 총 29 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

6,900
논문제목
초록(외국어)
最近,韓國政府は歐州議會や國連でも慰安婦問題をめぐる日本の責任ある措置を訴え、安倍政權の對應を迫る攻勢を强めている。韓國の尹炳世外務部長官が2014年1月29日、元日本軍慰安婦が共同で暮らすソウル市內の慰安婦施設を訪ね、「日本の指導層の歷史を歪曲した妄言には斷固對應する。慰安婦の名譽が一日も早く回復されるように努力すると述べ慰勞した。日本大使館前での集會に參加している元慰安婦の金福童さん(87)は日本の暴言がますますひどくなっている。私が死ぬ前に間違いを認めさせて欲しいと訴えた。韓國政府は對日關係で慰安婦問題の解決」を課題に揭げ、國內外でのアピ一ルに力を入れる。米議會も日本が慰安婦問題で强硬姿勢を續ければ日米關係にも惡影響を與えかねないと警告した。ニュ一ヨ一クの國連安保理の公開討議では、國連大使が日本軍慰安婦問題は人類の良心に關わる問題と指摘し、國際社會が被害者の求めに應えるよう訴える方針だ。韓國政府は關連資料の調査や收集にも力を入れ、「國際人權問題と位置づけて攻勢を强める構えだ。未來志向的な韓日協力關係に關する資料として、一方的で排他的な方向に流れないよう元慰安婦證言と歷史的事實に元ついて考察し、日本政府の誠意ある措置を要求した。本稿では、韓國と日本の學者が主張している慰安婦問題について考察し、日本人の良心宣言と最近の證據資料を分析し, 體系的に敎育ということを目的として論じ、慰安婦問題の解決方法を提示することに意義がある。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 67권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.133-161 ( 총 29 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000617267
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232