글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 68권 0호

한,일 수익(受益)구문에 관한 대조연구 -행위의 완료와 대상물의 이동을 중심으로-

박용만

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 68권 0호

- 페이지 : pp.53-67 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(한국어)
本稿は韓日兩言語の「受益構文」における對炤硏究である。まず、兩言語の<受益構文>における「ニ格」「에게格」助詞の表示可能性について檢討した。兩言語の共通するところは、先行動詞が「作成·入手」動詞の場合、「ニ」と「에게」が表示されること、また先行動詞が「自動詞」の場合は「ニ」と「에게」が表示されないということである。兩言語間で差が見られたのは先行動詞が「對象變化動詞」の場合で、「에게」が「ニ」より少し廣い範圍で表示されている。次に、このような共通點や相違點がどこからくるかについて攷察した。本稿ではこの現象を「韓國語の<受益構文>における「에게」の表示が<動作の完了>と<對象物の移動>と深く關連していることから生じるものである」と見ている。つまり、韓國語の「에게」が表示される受益構文は本動詞の「주다」の意味屬性を依然として持っているということである。その根據として、「行爲の完了」と「對象物の移動」という要素が韓國語の受益構文において重要なポイントであることと、先行動詞と「-어 주다」「-てやる(くれる)」の間に「은/도」と「は·も」などの助詞や「-어 보다」「-어 놓다」「-어 있다」などの補助動詞の揷入可能性とを提示している。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 68권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.53-67 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000262160
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232