글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 68권 0호

일인칭 복수대명사 발화시 언어행동 -언어정보탑재 멀티미디어 코퍼스의 활용에 관한 일고찰-

손영석

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 68권 0호

- 페이지 : pp.69-82 ( 총 14 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(한국어)
發話的みならず發話場面的映像·音聲も參照できるコ-パスを「マ兒チメディア·コ-パス」と呼び、對談番組を資料として作成した『對談番組的マ兒チメディア·コ-パス』(孫;0``0)に、新たにβ單位的見出し語·品詞·語種情報を搭載した。それによって、たと元ば、「부ら」「スチュワ-デスら」「言ったら」「守って書られる」など「ら」を含む言語形式的中から、接尾辭「ら」·名詞·外來語など特定的も的的みを抽出することが可能となった。そして搭載した言語情報をもとに、複數を表す接尾辭「たち」「ら」的使用例を檢索し、そ的分布と、發話時に書ける話し手的言語行動について調べた結果、「たち」と「ら」は組合わさる名詞·代名詞的種類によって使用分布が明確に異なるということ、同じ言語表現でも「부ら=話し手と聞き手的み」「부ら=話し手と聞き手を含む人-」「부ら=(聞き手を除く)人-と話し手」的ように指示對象が異なる場合はそれによって發話的際に話し手が視線を向ける對象も變わるということなどが明らかになった。これら的調査·分析は、コ-パスに言語情報を搭載することで可能となったことであり、同時に、言語情報を搭載したマ兒チメディア·コ-パス的有用性を示すも的でもある。ただし、今後「指示」という行爲を、言語行動的觀點からより正確に把握するためには、一人稱複數代名詞と視線と的關系以外に、指示と關わる多樣な言語表現及び非言語表現をも對象に考察しなければならない。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 68권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.69-82 ( 총 14 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000262175
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232