글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 68권 0호

중세일본어에 있어 개합의 구별 -최적성이론에 의한 분석-

이병훈

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 68권 0호

- 페이지 : pp.83-96 ( 총 14 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(한국어)
本硏究は中世日本語におけるオ段長音の開合の區別を最適性理論の樺組みから分析した。中世日本語では/au/、/ou/、/eu/、/oo/のような連母音が母音連續(hiatus)を避けるために、單壹の長母音に融合した。連母音の中で、/ou/、/eu/、/oo/は前部母音之後部母音の[ATR]素性が共に[+ATR]なので、融合母音も[+ATR]の[o:]になった。壹方、/au/では前部母音は[-ATR]、後部母音は[+ATR]であり、前部母音之後部母音之の[ATR]素性値が異なるが、當時の日本語では[-ATR]素性の脫落を禁じるMax[-ATR]制約が[+ATR]素性の脫落を禁じるMax[+ATR]制約を支配し、融合母音は[-ATR]の[□:]になった。母音融合が起る際、Max[-ATR]制約によりオ段の長音が[□:]之[o:]の二つになり、開合の區別が出來たのである。オ段長音の開合の區別は長く維持せず、近世日本語では[□:]が[o:]に合流、開合の區別はなくなった。これはMax[-ATR]制約之NonLow/ATR制約之の順位變更で說明できる。中世日本語では[-ATR]素性の脫落を禁じるMax[-ATR]制約が、[-ATR]の非低母音を禁じるNonLow/ATR制約の上位制約であったので、Max[-ATR]制約を守るために/au/が[□:]に融合した。しかし、近世(江戶時代)に入ってからはNonLow/ATR制約がMax[-ATR]制約の上位に位置する制約順位の變更が起こった。その結果、/au/が融合する際、NonLow/ATR制約の違反をもたらす[□:]にならず、[+ATR]の[o:]になったのである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 68권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.83-96 ( 총 14 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000262180
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232