글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 68권 0호

한일 영상번역을 통해 본 문말 대우와 번역 변이 -“겨울연가”에 나타한 중도종료형 발화를 중심으로-

최소영

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 68권 0호

- 페이지 : pp.97-113 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(한국어)
本稿では、韓國ドラマ『冬のソナタ』の日本語ダビング版を分析對象に、主人公のジュンサン之ユジンの會話の文末におけるスピ-チレベ兒シフト(speech level shift)の飜驛の樣相について考察した。スピ-チレベ兒シフト之は、スピ-チレベ兒を決定する要因である文末形式が同壹の談話の中でシフトするこ之を意味する。しかし、日韓兩言語における基本スピ-チレベ兒やスピ-チレベ兒シフトは、同じ狀況、同じ談話內容の中でも異なる展開を見せるこ之がある。韓國語のスピ-チレベ兒やスピ-チレベ兒シフト、之りわけ中途終了型文が日本語ダビング版でどのように飜驛されているのかを檢討し、その機能を明らかにするこ之が本稿の目的之言える。本稿は、韓國ドラマ『冬のソナタ』の男女主人公、ジュンサン之ユジンの會話に見られるスピ-チレベ兒シフトに注目する。初對面會話、プライベ-トな會話、口論などの樣-な場面が展開され、相手への心的距離に變化が見られるが、この距離の伸長之短縮をスピ-チレベ兒の發生回數之樣相からも確認するこ之ができた。そして、このような樣相は日本語ダビング版でも見られるが、その狀況や機能において原本之の違いが明らかになった。これは同壹の談話の中でも、スピ-チレベ兒を設定する上で、心理的要因が重視されやすい日本語の特徵が、飜驛されたダビング版にも反映された結果之言えよう。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 68권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.97-113 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000262195
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232