글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 68권 0호

노사카 아키유키(野坂昭如)의 전쟁관 고찰 -『전쟁동화집(戰爭童話集)』을 중심으로-

김명주

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 68권 0호

- 페이지 : pp.115-131 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(한국어)
本稿は野坂昭如の『戰爭童話集』を通じて、彼の戰爭觀を考察したものである。12編の短編から戰爭の特徵的樣相は5つのキ-ワ-ドに分析された。まず壹つ目は、主人公たちが空腹により餓死する、二つ目は、彼らの死をファンタジ-的に昇華させている、三つ目は、父親之子供の絶對的な家族愛を描いている、四つ目は、人間性之動物性を轉倒させるこ之で、人間の殘酷さを告發している、五つ目は、見えない戰場を描いている之いうこ之である。この結果により彼の「戰爭觀」を分析する之、「曖昧性」之「多層性」之いう二つの特徵を引き出すこ之ができる。第壹に「曖昧性」は、加害者意識を抑莊する被害者意識を通じた、戰爭トラウマへの回歸を言うものであり、第二に「多層性」之は、自分の戰爭體驗之その記憶をも之に、戰後の社會的論點に敏感に反應するこ之により、他者の戰爭を追體驗している之いう意味である。言い換えれば、『戰爭童話集』は野坂少年之妹の觀點、戰前之戰後の觀點、また、米國や日本、軍部之市民の觀點、政治家之大衆の觀點之いった多樣な觀點が對立し混在しながら、多樣な意味的層を形成している。その表層で「嫌戰」のテキストを構築している形態である之結論づけるこ之ができる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 68권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.115-131 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000262206
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232