글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 68권 0호

芥川龍之介『るしへる』論

芥川龍之介『るしへる』論

김희조

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 68권 0호

- 페이지 : pp.133-143 ( 총 11 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,100
논문제목
초록(한국어)
『るしへる』は大正7年十壹月の雜誌『雄弁』に發表された芥川龍之介の所謂切支丹物に屬する短編である。本作品は題目からもわかるように、「るしへる」之「デウス」が登場し、芥川の基督敎への思想がはっきり之示されている。なお、「るしへる」を通して人間之惡魔之の相關性をも表わしている。ハビアンは惡魔も人間からかけ離れたものではなく、人間の性に似ているもの之認識しているが、これはそのまま作者芥川の認識であろう。芥川は人間之惡魔之は變わらない存在で、共に「悲しき運命」を持っている故、「惡魔之共に我□を憐んでくれ。我□にも亦、それ之同じやうな悲しさがある。」之いっているのである。芥川は人間の誘惑に함りやすく弱い屬性を、惡魔「るしへる」を以って照明しているのである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 68권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.133-143 ( 총 11 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000262211
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232