글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 68권 0호

金史良の『天馬』の<桃の枝>についての攷察

金史良の『天馬』の<桃の枝>についての攷察

藤根麻由子

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 68권 0호

- 페이지 : pp.145-158 ( 총 14 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(한국어)
本硏究は金史良の『天馬』に登場する女性たちと<桃の枝>に焦點を當てて硏究したものである。この作品は主人公の玄룡と日本人文人との關係が中心として書かれているものである。その話の展開のなかで、さらに目につく玄룡と多くの女性との關わりと、3章から最後の章まで登場する<桃の枝>について、古典的な桃のイメ-ジの女性の象徵という視點で攷察をした。特に登場する女性と<桃の枝>は關連があると攷えられるため、女性が象徵するものを人物別に攷察した上で、<桃の枝>との關連について攷察するという形で硏究をした。攷察の結果、女性たちのなかでも國籍と名前がはっきりしているフランス人のアンナ、日本人の明子、朝鮮人の文素玉の3人の女性は、ただ單に玄룡の獨特な性癖を表現するためのエピソ-ド的對象ではなく、それぞれの表している國の朝鮮に對する態度などを象徵していることが分かった。さらに3章から登場する<桃の枝>と文素玉の幻影が重なって見えたりすることから、この<桃の枝>は女性を象徵しており、さらに女性は植民地として象徵されることから、この<桃の枝>は植民地である<朝鮮>を象徵している。このことによって<桃の枝>の變わり果てていく姿は、日帝の內鮮政策によって變わり果てていく朝鮮>姿を見せていることが分かった。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 68권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.145-158 ( 총 14 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000262226
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232