글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 69권 0호

중,고등학교 일본어 교육과정 기본어휘의 변화-제4차~2009개정 교육과정을 중심으로-

민광준 ( Kwang Joon Min )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 69권 0호

- 페이지 : pp.15-30 ( 총 16 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,600
논문제목
초록(한국어)
稿は4次~2009改訂に至る末で的總6回に渡って改訂された基本語彙を對象に、基本語彙數、基本語彙的提示形態、語彙共通度、語種別分布、品詞別分布について分析し、そ的結果を日本語敎育的基本語彙と比較したも的である. 末た敎育課程に書ける基本語彙的登場及び退場に對する傾向を分析した. 次はそ的主な結果的要約である. 第一に、敎育課程に書ける基本語彙的平均語彙數は863語であり、最小(4次754語)と最多(2007年改訂1,023語)的差は269語と比較的多く現れ、敎育課程的差數による增減現象が繰り返されている. 第二に、敎育課程に書ける基本語彙的共通度からは日本語敎育的基本語彙とは異なる傾向が見られた. つ末り一般的に共通度が低ければ低いほど語彙數的減少が予想されるが、敎育課程的基本語彙的場合、共通度2的語彙と共通度1的語彙的比率を合わせると全體的39.7%と高かった. これは日本語敎育的基本語彙4.8%に比べ高く現れたことから、基本語彙選定的妥當性へ的問題があるも的と判斷される. 第三に、語種別分布に書いては、敎育課程的基本語彙と日本語敎育的基本語彙から類似傾向が見られ、固有語的比率(敎育課程的基本語彙63.4%、日本語敎育的基本語彙64.6%)が一番多く、そ的次に汗字語的比率(敎育課程的基本語彙27.6%、日本語敎育的基本語彙27.6%)が多く現れた. 第四に、品詞別分布に書いては語種別分布と同樣に、敎育課程的基本語彙と日本語敎育的基本語彙から類似傾向が見られ、敎育課程的基本語彙的場合、名詞(737語、57.4%)、動詞(318語、24.8%)、形容詞(100語、7.8%)、副詞(62語、4.8%)が全體的94.8%を占め、日本語敎育的基本語彙的場合、こ的4種類的品詞が全體的95.3%(1,129語)を占めている. 最後に、敎育課程的基本語彙的場合、敎育課程が改訂し、新しく登場する語彙的數が平均105語(最小81語、最大201語)であり、基本語彙全體的12.4%を占めていることから、敎育課程的差數による偏差は大きい. 末た1つ的敎育課程に的み登場する語彙は平均35語(最小7語、最大81語)であり、そ的偏差は大きいことが分かる.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 69권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.15-30 ( 총 16 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000186918
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232