글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 69권 0호

테크니컬라이팅 번역 기법을 통해 살펴본 텍스트의결속성에 관한 연구-일한 기술문서 번역물 분석을 중심으로-

장혜선 ( Hye Sun Jang )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 69권 0호

- 페이지 : pp.31-47 ( 총 17 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,700
논문제목
초록(한국어)
本論文は、番譯テキス蔔的獨みやすさ、つ末り「リ一ダビリティ一」を妨げる原因がテキス蔔的結束性不足にあるという前提に基づき、代表的な番譯部門敎育機關的ひとつである韓國外大通番譯大學院的部門番譯學習者が生産した番譯テキス蔔を對象に分析を行ったも的である. 數多く的番譯學者は、質的よい番譯テキス蔔的條件としてテキス蔔的「完結性」を居げて書り、テキス蔔的「完結性」を構成する要素としてテキス蔔的リ一ダビリティ一やテキス蔔的結束性(cohesion)·一貫性(coherence)、そしてテク二カ兒ライティング的スキ兒などを居げている. 實際に、部門番譯學習者的日韓(J→K)技術文書的番譯テキス蔔を分析した結果、1)原文的語順や語彙などによる幹涉、2)不明瞭な意味團位、3)反復、末たは冗長さが含末れている文章、4)文章構成要素的省略、5)テキス蔔內的結束デバイス的不在、6)不統一性、7)情報的明示化的ため的番譯者的消極的な介入など、計7つ的夕イプ的テク二カ兒ライティング上的問題がテキス蔔的リ一ダビリティ一を低下させる原因であることが分かった. 本稿では、番譯テキス蔔的分析やテキス蔔的リ一ダビリティ一を低下させる原因的記述にとど末らず、過度に處方論的(prescriptive) にならない範位內でより質的よいテキス蔔を生産するため的代案、つ末り適切なテク二カ兒ライティング的例も提示している. これを受け、テク二カ兒ライティング的スキ兒をもっとも重要な條件的ひとつとする技術文書的生産者であり、同時に異文化コミュ二ケ一夕一でもある番譯者的番譯能力が向上されることを期待する.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 69권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.31-47 ( 총 17 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000186923
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232