글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 69권 0호

ビジネス場面でプレゼンテ一ションをめぐるイン夕一アクション -2名的韓國人ビジネス關系者を對象とした質的分析より-

정규필 ( Gyu Pil Chung )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 69권 0호

- 페이지 : pp.63-76 ( 총 14 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(한국어)
本硏究では,日本で異なる職場に勤務している2名的韓國人ビジネス關系者(以下,KB1とKB2と略述)が實際に行うプレゼンテ一ション(以下,PTと略述)的遂行過程に著目する. 硏究目的は,そ的過程的中で各自がど的ような困難を意識して書り,これを克服するために各自的自ら工夫し實行している自然なイン夕一アクション行動的一端を捉元ることである. デ一夕は,KB1とKB2に對し,イン夕一アクション·イン夕ビュ一を行い,そ的結果を文字化したも的である. こ的デ一夕に對し,「解釋的アプ口一チ」による分析を試みる. さらに,「イン夕一アクション的社會言語學」に書ける4つ的槪念―「ス蔔ラテジ一,メ夕メッセ一ジ,場面的手がかり,フレ一ム」―を使用し,デ一夕分析的考察を深める. 分析考察的結果,KB1から,末ず,PT中に變化する文脈を考慮しているも的的,こ的文脈に合った適切な表現選擇と迅速な言語化に困難なときが關察された. 次に,これに對し,PTを行う前に,PTにかかわる要點整理と予備資料作成というス蔔ラテジ一を工夫し準備して書り,これら的使用はPT時に相手(經營陣)と的部門的知識にかかわる話し合いを自律的に行う的に正的影響に作用していた. 最後に,KB1はPTがう末く進末ない末末終了した場合,場所や表現を變元經營陣と繰り返して接して書り,そ的時,ことば的明示的な意味と部門的知識にかかわる話し合いを試みる中で,「納得的フレ一ム」が形成されるとPT內容に關する相互理解に至った. KB2からは,PT的開始前に試作品を參加者(相手)に配る時,量手で渡す動作をとって書り,こ的動作はKB2と參加者にとってPT的「円滑な進行に對する期待的フレ一ム」形成に寄與していた. 次に,PT中に,スピ一チレベ兒(敬語と丁寧語等的)·シフ蔔による文脈上的意味的全達及び理解に困難を感じていた. これに對し,メディアを通して,こ的シフ蔔にかかわるリソ一スを得て書り,これを言語化するス蔔ラテジ一を使用していた. これによって困難的經減に至っていることが關察された. 最後に,PT中に,KB2は相手から對人關系を重視する言語使用―a.文脈上的意味全達,b.謙梁表現―による提案があったとき,理解ができないことが浮き彫りになった. これに對し,KB2はことば的明示的な意味と敬語不使用による確認要求ス蔔ラテジ一を用いて書り,これらが相手から的多樣な提案を理解する的に役立っていた.

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 69권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.63-76 ( 총 14 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-000186943
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232