글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 70권 0호

初級日本語學習者の聞き取り能力と話す能力の向上のための指導法に關する考察

吹上淳子 , 윤강구

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 70권 0호

- 페이지 : pp.65-77 ( 총 13 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,300
논문제목
초록(한국어)
國際化やインタ-ネットが進む現代、世界の情報を簡單に取得できるようになった。情報のありふれる國際化時代の中で私たちが生き殘っていくのに必要なのはコミュニケ-ション能力だといっても過言ではない。そして、その中でも言語は欠かすことのできない要素である。しかし、言語習得にあたって母語の場合は無意識に習得しているのに對し、外國語は意識的に習得される。そこで、初級學習者には質的にも量的にも多くのインプットが必要だと主張する先行論文も多い。論者は、「聞く」というインプットが大切であることはもちろん、同時に「話す」というアウトプットにつなげていくことによって、學習者の聞き取り能力にも影響を及ぼすのではないかと考えた。さらに、初級日本語を學習するに當たって、聞き取りの指導だけを集中して行うよりも、聞き取りをしながら話すことへと發展させていくことが大切だと思い、話す能力を向上させる授業展開を行った。授業の效果を調べるためにテストを行い、調査した結果、聞くことと話すことの能力が向上したことがわかった。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 70권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.65-77 ( 총 13 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-002205634
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232