글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 70권 0호

겸양어2로서의 「になります」와 "-세요"

김지희

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어교육, 70권 0호

- 페이지 : pp.79-91 ( 총 13 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,300
논문제목
초록(한국어)
本硏究では 「マニュアル敬語」は獨自の敬語體系を持っているのではなく,一般的な敬語體系の中で使用されているという立場から(1)(2)のような 「になります」と‘-seyo’ を謙讓語Ⅱに位置付けるべきであることを主張した。その根據として 「になります」と‘-seyo’が謙讓語Ⅱの性質である,1)事物に對しても使える,2)一般に「ます」を伴って使う,3)3人稱を主語にする疑問文が作れないという性質を持っていることを擧げた。 (1) こちらコ-ヒ-になります。(2) 아이스 아메리카노는 3,800원이세요. また,これらの表現の使用背景について,「になります」は動詞の尊敬表現「お+動詞連用形+になる(なります)」と「お+動詞連用形+だ(です)」がほぼ同樣の意味で使われていることに注目し,「名詞+です」の代わりに「名詞+になります」を使用するようになったのではないか,‘-seyo’は中世韓國語の聞き手に對する丁寧さを表す‘-op-’‘-saop-’の衰退によってその空きを埋めるべく,尊敬語の形式である‘-si-’の使用範圍が單に聞き手への丁寧さを表す場面にまで擴張されたのではないかという假說を提示した。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 70권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.79-91 ( 총 13 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-002205649
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232