글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 71권 0호

2009改定敎育課程における高等學校の日本語の文法敎育 -文法項目の提出順序之仕方を中心に-

이상수 ( Sang Su Lee )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 71권 0호

- 페이지 : pp.1-15 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(외국어)
本硏究では2009改定敎育課程に基づいた高等學校の日本語の敎科書の文法敎育について考察するために『日本語Ⅰ』と『日本語Ⅱ』における文法項目の提出順序及び仕方について調べ、次の關点から分析した。1) 2009改定敎育課程の意思疏通基本表現と現行の文法敎育について調べてみた。2) 『日本語Ⅰ』における動詞の活用と表現文型の提出順序及び仕方について分析した。3) 『日本語Ⅱ』における動詞の活用と表現文型の提出順序及び仕方について分析した。4) 『日本語Ⅰ』と『日本語Ⅱ』における文法敎育のずれと連携について考察した。その結果、『日本語Ⅰ』と『日本語Ⅱ』は動詞の活用のル一ルを提出していても、活用が文型に結び付かない場合と動詞の活用のル一ルは提出しないにもかかわらず、表現文型のみを提出する場合など、動詞の活用と表現文型の提出順序及び仕方に問題があったことがわかった。學習者における文法項目はどのような順序で、どのような仕方で提示されるのかが學習者の習得に□がっていると考えられる。そこで本硏究では2009改定敎育課程に基づいた高等學校の敎科書『日本語Ⅰ』と『日本語Ⅱ』が效率よい文法敎育を行うために、『日本語Ⅰ』と『日本語Ⅱ』における文法敎育の現狀を踏まえた上で、動詞の活用と表現文型の提出順序及び仕方についての方案を提示し、なお、□的な關係からの『日本語Ⅰ』と『日本語Ⅱ』の連携についても考察してみた。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 71권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.1-15 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-002056562
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232