글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 71권 0호

한국어에 잔존하는 일본어의 사용실태 및 변화 양상 -40,50대를 중심으로-

이덕배 ( Deok Bae Lee ) , 안동미 ( Dong Mi Ahn ) , 이연희 ( Yun Hee Lee )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 71권 0호

- 페이지 : pp.31-46 ( 총 16 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,600
논문제목
초록(외국어)
本硏究は、韓國語に殘存している110項目の日本語について、光州·全南地域に居住している四五十代の男女を對象にして使用實體を調査し、その結果を分析する之之もに韓國における殘存日本語の變化樣相についての考察を試みたものである。まず、殘存日本語の使用實態を年齡や性別に分けて調べた結果、40代より50代の方が使用率が高く、女性より男性の方が使用率が高いこ之が分かった。また、今後も殘存する可能性が高い語彙の中には<오뎅(おでん)、사시미(刺身)、와사비(わさび)>など、食べ物關連の單語が多かった。なお、男性の使用頻度が高い單語は建築之ビリヤ一ド關連の語彙であり、女性の使用頻度が高い單語は衣服や美容關連の語彙であった。次に、殘存日本語の語形や意味、語構成別の變化の樣相を考察した。語形の面においては子音之母音の變化、音韻脫落及び省略、有無聲の交替、音韻の單純化、通用音の變化のような樣相が見られた。このような語形變化には、韓國語の發音構造の影響及び間略化、そして口傳による傳達が多かった之いうこ之が主な要因になった之考えられる。意味面においては、日本語本來の意味よりも擴大あるいは縮小、變異の樣相がみられた。語構成の側面からは「마호+병」のような代替型合成語之「카도+집」のような結合型合成語が見られた。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 71권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.31-46 ( 총 16 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-002056582
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232