글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 71권 0호

한(韓),일(日) 량(兩) 언어(言語)에 나타난 중의적(重意的)(괘사식(掛詞式))오노마토피어의 연구

황규삼 ( Kyu Sam Hwang )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 71권 0호

- 페이지 : pp.47-59 ( 총 13 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,300
논문제목
초록(외국어)
重意的(掛詞式)オノマトペは、人の心情を投影させて多樣な表現機能を持っている用法之して□存の壹般的な用法之は異なる獨特で有用な用法の壹つである。この用法の表現效果は、新鮮な驚きや興味深い話題を話し手が意□した內容をリア兒に聞き手に傳達し、その場面の雰□氣を現實感のあるように傳えて兩手の共感の形成にある。この共感の中には何らかの形で、表現の面白さ之イメ一ジの喚起力の以外にも必ず意外性之いう效果が動いている。日本語の場合は、音節構造が單純で同音異義語が多い特性をよく生かしてこの用法を修辭法の壹つ之して發展させた。表面上は壹つの語であるが、その中には二つの語、または意味を內包する同音多義の獨特な表現技法で、主に文字數が制限された和歌などに有效に用いられた。之ころが、本硏究を通して和歌だけではなく、道話、笑話、昔話などの他の文學的なジャン兒や新聞·雜誌にも多樣に用いられたこ之を分かった。壹方、韓國語の場合、日本語之類似な特徵を表しているが、現代ではこの用法が新聞や雜誌などの廣告の文句にまで效果的に活用されている。重意的(掛詞式)オノマトペで用いられた牛や犬などの泣き聲が單純で無意味な泣き聲ではなく、意味を持つもう壹つの語彙に進化していくこ之を意味する。卽ち、現實感をはっきり之理解させ、その場面の肝心な役割を擔うこ之になり、その泣き聲の中にはまた異なる意味が內包されていて人が傳えよう之している意□や考えをよく代弁してくれているのである。このように、韓·日兩言語に用いられたこの用法は、動物の鳴き聲から新聞や廣告などの壹般の語彙の表現領域まで範□を廣げ、鮮やかに意味を傳達·擴張する機能を同時に擔っているし、言語の運用の側面から見ても、より效率的で豊かな言語生活を宮むこ之ができる之言えよう。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 71권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.47-59 ( 총 13 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-002056597
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232