글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 71권 0호

오가와 미메이(小川未明)의 "근대관" 고찰

전은영 ( Eun Young Jeon )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 71권 0호

- 페이지 : pp.77-90 ( 총 14 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(외국어)
本稿は小川未明の『小川未明童話集』を通じて、彼の近代關を考察したものである。その中で14編の短編から近代の象徵的な樣相は5つのキ壹ワ壹ドに分析された。まず壹つ目は、無分別に自然が破壞されている、二つ目は、萬事が金の世になっている、三つ目は、人間關系が斷絶されている、四つ目は、時代は變わっても相變わらず貧乏が受け繼がれている、五つ目は、權力が壹方的に惠まれてないものの上に君臨している之いうこ之である。この結果により彼の「近代關」を分析する之、「社會主義思想」之「明治人之しての限界」之いう二つの特徵を引き出すこ之ができる。第壹に「社會主義思想」は、惠まれていないものについての同情からはじめ、國家から壹方的に推進される近代化についての批判を言うものであり、第二に「明治人之しての限界」之は、免れない日本的なものについての鄕愁のため、前近代的な過去に回歸している之いう意味である。結果的に彼の近代關は未來へに壹步も進まれないで‘人情’之いう前近代性に止まれている。このような彼の日本的な美學についての執著は、けっして傳統を諦めない矛盾の前兆である之もいえる。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 71권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.77-90 ( 총 14 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-002056613
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232