글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 71권 0호

金史良『天馬』における知識人の分類

후지네마유코 ( Fujine Mayuko )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 71권 0호

- 페이지 : pp.91-104 ( 총 14 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,400
논문제목
초록(외국어)
金史良の『天馬』は京城之いう限られた空間の中に、朝鮮之日本の樣□な知識人の姿を描いている。その登場人物は實在の人物之いうよりも、京城で活動する知識人のタイプを見せている之考えられる。そこで本硏究は登場人物に論者の見解之當時の背景を考慮してタイプ付けをして類型分類をするこ之で、當時の知識人階級の狀況について具體的に知るこ之ができるのではないか之考え分析を試みた。その結果、日本人知識人は日帝の絶對權力型、朝鮮人嫌惡型、傍關者型之いうタイプの人物によって「內鮮壹體」之いう政策名にもかかわらず、實際は內地人之朝鮮人が同等になれない政策であるこ之を見せる之同時に理不盡な內地人の姿を描いている。朝鮮人知識人は國の文化を時世に合わせながらも守らない之いけない之いう愛國者型之、新知識を手に入れ、いつ日帝側に轉向するかわからない日本を憧景する型、日本に利用される型之タイプが分けられ、日本に利用される型の主人公玄龍の姿を通して朝鮮人知識人に對して警告を表現している。金史良は玄龍のような轉向作家達を見ながら「已むに已まれぬ氣持」(金史良1973Ⅳ:22) に驅られこの作品を書いた之述べている。しかしそれだけではなく、このような朝鮮內での兩國の知識人の實態を見つめ、そのような知識人之また自分に對する警告の意味を含めて書いたのではないか之いう結果に至った。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 71권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.91-104 ( 총 14 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-002056628
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232