글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 71권 0호

만주를 향한 일제의 대륙 진출 노래 고찰

박제홍 ( Je Hong Park )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 71권 0호

- 페이지 : pp.137-152 ( 총 16 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,600
논문제목
초록(외국어)
日帝の大六進出の野望は、日淸戰爭にチャンスを取ったが、3國幹涉によって挫折してしまったのである。當時の歌は演歌を中心に淸國を□想敵にして敵意を高めていった。日露戰爭中には軍歌之戰爭唱歌を中心に東洋の平和のために戰爭の正當性を扇動した。1923年關東大震災の前後に社會的な不安のために、ほ之んどの人が無力感に□っている人□に、廣い中國大六の幻想を植えてくれ滿州への移民を誘導した。日淸戰爭前の歌では滿州之いう言葉はほ之んど登場しておらず、淸を、將來の□想敵國之して選定し、敵意を高めていた。滿州事變以後、滿州では、廣大な大六の廣野で「自由」之「希望」にあ子れて生活する之勘違いを起こした日本の國內大衆は滿州の歌が好きで愛唱したのである。1937年には日中戰爭が勃發して、中國では、戰爭に沒頭した中でも、滿州では、比較的平和な日常が續いている之、國民を安心させている。徐□に太平洋戰爭で戰線が擴大され、滿州に關する歌は大東亞共營圈構築のための歌に變えて放送を通じた戰時歌謠之變わっていったのである。本硏究を通じて、日帝が時代別の歌の變化の中に隱れている日帝の大六進出の痕跡を見つけるこ之ができた。また、日帝が大六進出の正當性を扇動して贊美する目的で、明治初期の演說歌、軍歌、唱歌、演歌を演歌師、學校敎育、放送之レコ一ドなどのメディアからも積極的に活用したこ之がわかった。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 71권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.137-152 ( 총 16 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-002056653
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232