글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 72권 0호

가와바타 야스나리의 『손바닥 소설(掌の小說)』에 나타난 <여성> 분류

Classification of woman in 『Tanagokoronosyousetsu』 of Kawabata-yasunari

박호영 ( Ho Young Park )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 72권 0호

- 페이지 : pp.113-127 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(한국어)
『掌の小說』 は川端が若い頃から四十年余りにわたって書き.けた<掌の小說>を集めたものである。作品ははたし て短く四百字原稿用紙で2頁(800字)、長いもので18頁(1710字)ほどにすぎない。 本.究では122編の<掌の小.>を.象として各作品に登場する<女性>を分析し、<母>型、<妖婦>型、<少 女>型、<自立女性>型という四つの分類を試みた。その結果、<母>型は22編、<妖婦>型は25編、<少女>型 は31編、そして、<自立女性>型は19編が.象になった。女性は登場しても分類に含められないのが20編、その他6編 は女性が登場しない作品と見なされ、分析から除外した。 分析の結果、川端文.において<女性>は多.な類型で表出されていることが分った。道.や倫理および時代の基 準などで.値判.をするのではなく、またある特定のものに.値を認めるのでもなく、自然の一部として、存在そのものに 意義を示していることが分った。 さらに川端は女性に.して果たして暖かく、愛情深い眼差しを示していることが分った。この暖かい眼差しは性別を越 えて、生きているすべてのものに.する差別と疎外を拒む、存在そのものを受け入れて認めながらすべての生きているも のに美しい生命力を.えている形である。あらゆる.念的な境界を拒むこと、生きる美しさを認めること、これを 『掌の小說』 において川端は特に<女性>というモチ.フを通じて.在させたという結論にいたったのである。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 72권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.113-127 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-001777555
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232