글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 72권 0호

동아시아 일본어 교과서에 나타난 일본관 ― 한국과 중국의 교과서를 중심으로 ―

A view of Japan on the Japanese textbook in East Asia -Focusing on the Japanese textbooks of Korea and China-

김의영 ( Eui Young Kim )

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 72권 0호

- 페이지 : pp.129-143 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(한국어)
本稿では、韓國と中等の中等敎育機關において日本語敎育が再開される時期である1970~1980年代の日本語敎科 書の記述內容を中心に分析し兩國の敎科書にみられる日本觀の特徵を明らかにした。 その結果、韓國の日本語敎科書の場合、日本に對する記述內容に否定的なものと肯定的なものが混在しているのが 分かった。過去の日本や日本文化に對しては否定的イメ-ジがみられる反面、現在と未來の日本や日本人に對しては肯 定的イメ-ジがみられる。つまり、敎科書の中に肯定と否定が混在するアンビバレンスな日本觀がみられるといえる。 中國の日本語敎科書の場合は、自國文化の優秀性を强調したり當時の政權を宣傳するような記述がみられるのは韓 國の敎科書と同樣であるが、韓國の日本語敎科書にみられるような日本への否定的イメ-ジはみられなかった。つまり、 中國の日本語敎科書からアンビバレンスな日本觀はみられなかった。 中國の日本語敎科書と比較した韓國の敎科書のみにみられる日本觀の特徵としては、韓國の古代文化やハングルの優 秀性を强調することによって過去の日本文化や日本語に對するイメ-ジは否定的になってしまう傾向があるということであ る。このように、過去に對する日本觀は否定的である反面、現在と未來に對する日本觀は肯定的である傾向がみられた。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 72권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.129-143 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2015-700-001777560
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232