글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 73권 0호

언어 사용을 위한 "의사소통 기본 표현"의 제안

윤강구

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 73권 0호

- 페이지 : pp.1-13 ( 총 13 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,300
논문제목
초록(한국어)
本稿では敎育課程の意思疎通基本表現を、「やさしい日本語」の理念に基づき、話すこと中心に作成した。まず、「やさしい日本語」とは、日本語理解が十分でない外國人が日本での日常生活に不便さを感じたり、災害に對應できずに受ける不利益をなくすために作られた日本語を言う。外國人向けの日本語として外國人サポ一ト敎育の一環である。このような理念は韓國の日本語敎育にも受け入れられる。韓國の日本語敎育は意思疎通能力の養成が目的である。このために、敎育課程には意思疎通のための基本表現が提示されている。しかし、問題点としては話す能力と聞く能力が同じであると言う点があげられる。話す能力は聞く能力に比べ落ちるが、これを見逃しているのである。意思疎通基本表現はこのような点を考慮して作成したほうが良い。以上の考えに基づき、意思疎通基本表現を再作成したものが、表6である。最後に、意思疎通基本表現はを聞くことと話すことに分け、各各作成することを提案する。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 73권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.1-13 ( 총 13 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2016-730-000281512
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232