글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 73권 0호

日本語の「意識要求表現」の諸形式 -國語の「잖아(jana)」との比較を通して-

김지희

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 73권 0호

- 페이지 : pp.63-77 ( 총 15 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,500
논문제목
초록(한국어)
本稿は話し手と聞き手の間に認識のズレが生じている場面で話し手が聞き手に(再)認識を求める表現として用いられる日本語の「じゃないか」と「のだから」と「よ」が話し手の發話意圖を變えずに置き換え可能である点に注目し,これらの形式は「認識要求表現」という同じカテゴリ一で議論すべきであることを主張した。これらの3形式は,命題內容の(再)認識の要求にとどまらず,先行命題內容が誰もが認識できて當然のことがらであり,その中に含まれていると考えられる「話し手の想定」が評價のモダリティ性をおびるときに置き換えが可能である。一方,同じく(再)認識を求める場面であっても,命題內容が,現在の否定的な聞き手の言動そのものであるとき(「じゃないか」のみ使用可能),話し手の個人的な理由や事情であるとき(「のだから」のみ使用可能),そして聞き手が知っているべき情報ではあるが聞き手にとって新情報であるとき(「よ」のみ使用可能)は,それぞれの形式の固有の性質により,置き換えが不可能である。それにもかかわらずこれらを「認識要求表現」として規定すべきであることについて,これら3形式の置き換えが可能な場合だけではなく,置き換えが不可能な場合でも韓國語の代表的な(再)認識を求める形式である「잖아(jana)」と對應することを根據として提示した。以上を通して日本語の「認識要求表現」の3形式が「話し手の想定」または命題內容の性質によって使い分けられているのをより明確にすることができ,韓國語の「잖아(jana)」にはそのような制約がないことが分かった。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 73권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.63-77 ( 총 15 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2016-730-000281552
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232