글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어교육학회 > 일본어교육 > 73권 0호

쓰보이 사카에의 『스물네 개의 눈동자』 에 나타난 “반전” 의식과 은닉된 메시지

서기재

- 발행기관 : 한국일본어교육학회

- 발행년도 : 2015

- 간행물 : 일본어교육, 73권 0호

- 페이지 : pp.109-121 ( 총 13 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,300
논문제목
초록(한국어)
本硏究では敗戰直後紹介されて日本で國民文學としてセンセ一ションを卷き起こした壺井榮の『二十四の瞳』を通して戰爭を語る兒童文學の存在の意味について考察した。映畵化を通して國民文學として全國的に‘ヒトミブ一ム’を卷き起こしたこのテキストは、戰爭物語でありながら戰爭の本質については隱蔽している。本論文では、戰爭が終わってから十年も經たないうちに、‘被害者日本人’を描いてしまった戰爭描寫とその內容の讀者への影響に着目している。このテキストは戰爭を語る主體として女性と兒童を全面的に出している。そして戰爭問題を田舍の風景、貧しさ、童謠、小學校、庶民描寫などの敍情の世界に配置して遠景化してしまった。この過程には戰後の日本の大衆とメディアが積極的に荷단している。問題は現在に至るまで戰爭の被害者としての日本人が多樣な形態で再生産されていることである。ここではヒュ一マニズムを强調した戰爭記憶が단うべき責任が何であるかについて追求した。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 발행기관 : 한국일본어교육학회
  • - 간행물 : 일본어교육, 73권 0호
  • - 발행년도 : 2015
  • - 페이지 : pp.109-121 ( 총 13 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2016-730-000281587
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 수록범위 : 1985–2021
  • - 수록 논문수 : 1232