글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

> 한국일본어문학회 > 일본어문학 > 60권 0호

한국어 모어화자의 Face배려행동에 영향을 미치는 요인에 관한 고찰 -일본어(木山 2011)와의 비교-

정영미

- 발행기관 : 한국일본어문학회

- 발행년도 : 2014

- 간행물 : 일본어문학, 60권 0호

- 페이지 : pp.115-133 ( 총 19 페이지 )


학술발표대회집, 워크숍 자료집 중 1,2 페이지 논문은 ‘요약’만 제공되는 경우가 있으니,

구매 전에 간행물명, 페이지 수 확인 부탁 드립니다.

5,900
논문제목
초록(한국어)
本硏究ではBrown and Levinsonのポライトネス理論に基づいて「社會的距離」、「力關係」、「負擔の度合い」、「性別」が韓國人のフェイス配慮行爲に與える影響の度合いを質問紙調査法で調べた。その際、「負擔の度合い」は「責任の所在」と「相手の態度」に分けた。決定木分析を通じて各要因がフェイス配慮行爲に與える影響を階層的に分析した結果、韓國語では「相手の態度」が最も强い影響力を持っていることが分かった。相手が被驗者のポジティブ·フェイスを侵害する態度をとる狀況では「力關係」が强く影響し、その中で上の關係では責任の所在が、同·下の關係では性別が影響を與えることが分かった。ところが、「社會的距離」は全く影響を與えていなかった。相手が自ら本人のポジティブ·フェイスを侵害する態度をとる狀況では「責任の所在」が强く影響した。責任が相手にある狀況では「社會的距離」が、兩側にある狀況では「性別」が影響を與えた。そして、「力關係」は影響力を殆んど持っていないことが分かった。

논문정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 언어학
  • - 발행기관 : 한국일본어문학회
  • - 간행물 : 일본어문학, 60권 0호
  • - 발행년도 : 2014
  • - 페이지 : pp.115-133 ( 총 19 페이지 )
  • - UCI(KEPA) : I410-ECN-0102-2021-800-000120532
저널정보
  • - 주제 : 어문학분야 > 언어학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기 : 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-0576
  • - 수록범위 : 1995–2021
  • - 수록 논문수 : 1586