글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

일어일문학연구검색

Journal of Japanese Language and Literature


  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기: 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1226-2552
  • - 간행물명 변경 사항 :
논문제목
수록 범위 : 78권 1호 (2011)
4,500
키워드보기
초록보기
키워드보기
초록보기
この論文は朝鮮通信使が日本の生態的な環境と文化的な環境をどのように認識したかを明らかにしようとするものである。朝鮮通信使は朝鮮王朝から日本に12回派遣され、膨大な使行記錄を殘した。そのなかでも1718年に派遣された申維翰の『海遊錄』は綿密な觀察と流暢な漢詩などで評價が高い。また、1763年に派遣された趙엄の使行記錄も崔天宗の殺人事件などを含めて注目される点が多い。しかし、同じく18世紀の日本を體驗しながら、二人が書いた日本の姿はだいぶん異なっている。申維翰は、日本の生態的な環境を高く評價し、惠まれた自然環境を漢詩として詠むことができない日本人に代わり、自らの役割を强く意識している。一方、趙엄は申維翰が仙境として詠った日本の自然環境を、時間の經過にしたがって一部は認めながらも、仙境としての位置づけには反對の立場を表明し、韓國の山山を仙境として評價する意見に對しても否定的な立場をとっている。趙엄は日本人が誇りを持っている富士山についても白頭山と比較しながら、物理的な關連性を模索する實證主義的な姿勢を示す。このような兩者の違いは、時代的な推移もあろうが、兩者が置かれた社會的な立場によるものだと思われる。卽ち、申維翰は出世に限界がある庶類の出身で、その文才が評價され朝鮮通信使の一行に加わったと考えられるが、趙엄は由緖ある家柄の出身で、將來が期待される人物である。その使行中に使行團の一員が殺害される事件を經驗したことからも、趙엄の記錄は他のものより比較的、現實を冷靜視したものといえよう。したがって、兩者の記錄の違いは、個人的な趣向の違いを超えて置かれた社會的な立場と個人的な體驗を通して、自分の役割に對する十分な理解が下地にあったと推定される。

日本語學,日本語敎育學 篇 : 『崖の上のポニョ』の地政學

( Miyuki Yonemura )
5,200
키워드보기
초록보기
키워드보기
초록보기
本稿は、『遠野物語』に傳えられる人間と自然の共生關係について考察したものである。說話には、神、人間、妖怪、自然のあいだにおける樣樣な關係がよく表れている。それらのあいだに結ばれた多樣な關係を一言でまとめるならば、それは人間と自然の共生と言えよう。日本の說話は、神(妖怪)、人間、自然(動物)という三者の關係が圓環的であり、可逆的であると指摘される。すなわち日本の說話では人間が神(妖怪)あるいは動物になり、また動物が神(妖怪)あるいは人間になることが多い。特に『遠野物語』には、日本の民俗社會におけるそれらの三者の關係が赤裸裸に表れていると思える。言い換えれば、『遠野物語』にはかつて近代化の過程において日本人が失われつつあった說話的な心性(mentality)がよく表現されていると言える。これは今まで多くの硏究者が『遠野物語』を注目してきた理由でもある。本稿では、『遠野物語』に傳えられる人間と自然の關係を主に人間と動物、人間と神、人間と妖怪というふうに分けて、それらの三者のあいだの圓環的かつ可逆的な側面を明らかにしようとした。人間と動物の關係については、人間が鳥になるという、說話によく語られる變身のモチ―フについて論じた。また人間と神の關係については、日本神話によく見るいわゆる和御魂と荒御魂の槪念を持ち입んで考察した。そして人間と妖怪の關係については、河童の話を取り上げ、兩者のあいだの關係について考察した。『遠野物語』は現在的視点から注目すべきテキストである。ここで言う現在的視点とは、一言で言うならエコロジ―からの注目である。現在生活のあらゆる方面において、エコロジ―が强調されている。またこれからの人間と自然の共生について樣樣な方法が模索されつつある。『遠野物語』には、かつて人間と自然の關係がどうであったか、またこれからの關係はどうなるべきかを說話的啓示によって語っていると言えるのではないでしょうか。

日本語學,日本語敎育學 篇 : 韓國人日本語學習者のアクセントの知覺と生成

다카하시에리코 ( Eriko Takahashi )
6,100
키워드보기
초록보기
本硏究ではアクセント習得における知覺と生成の關係を檢討するために, 單語リピ―トという方法から探索的調査を行った。まずアクセントの知覺テストとして單語リピ―ト, 異同判斷, 高低表記の3つの方法で行ったが, 變數間に顯著な相關は見られなかった。このことから, モデル音を聞き, 核位置を表記する能力は, モデル音のアクセントを模倣再生する能力と關連が弱いことが指摘できる。一方, 異同判斷課題と生成課題に關してはいずれも尾高型アクセントでの困難さが見られた。文節末の下降の有無, 下降の位置の判斷および生成が共に困難であることが指摘できるが, 知覺と生成の因果關係に言及するには別の調査を行う必要がある。知覺テストの妥當性の問題が解決できなかったため, 知覺と生成の統計上の相關關係は示せなかったが, 上述のように知覺と生成で誤りの傾向に共通性が見られたこと, 音讀課題とリピ―ト課題に有意な相關が見られたことから, 兩者にある程度の關係性があることが指摘できる。發音の知覺と生成に關しては, 自己評價, 自己モニタ―の重要性が指摘されている。本論では分析對象に含めなかったが, 今後は卽時的自己評價と事後自己評價の違い, さらには, モデル音基準時の自己評價と知識導入時の自己評價について檢討を進めた上で, 各學習者への質的檢討も含め, アクセントの學習プロセスを解明したい。
키워드보기
초록보기
本稿の目的は、韓國語の辭書では「hada」にだけ對應するが、實生活では「doeda」にも對應する日本語の動作性名詞(VN)である二字漢字語(B-2グル―プ)が大抵どういう意味的特徵を帶びているのか、を考察するのである。つまり、韓國語の辭書でも實生活でも「hada」にだけ對應するB-1グル―プとの比較によりB-2グル―プの意味分布を明らかにしてみたいのである。まず、B-2グル―プを 分類語彙表 に基づき分類した。その結果、「1.3 人間活動―精神および行爲」に屬するのが一番多く74%を占めている。その次は「1.1 抽象的關係」が21%、「1.5 自然物および自然現象」が5%という順となるのであった。これはB-1グル―プとは異っている。次は、『分類語彙表』の過剩な細分化を補うため、出現頻度の高い項目を基準とし、使用場面による連想に基づき12のカテゴリ―醫療·病院, 心理、勉强·學校、仕事·會社、結婚·住居、話·社交、對立·戰爭、判斷·裁判、趣味、移動·變化、その他―と分類した。その結果、B-2グ―プのVNは次の2つの特徵を表している。第一に、B-2グル―プ「仕事·會社」が一番高く32%を占め、「移動·變化」>「勉强·學校」>「話·社交」>「心理」>「醫療·病院」「競爭·戰爭」>「判斷·裁判」>「趣味·余暇」>「結婚·住居」>「保健·衛生」の順に分布している。第二に、B-2グル―プとB-1グル―プとは上位の3つのカテゴリ―とその占有率が異ている。つまり、B-2グル―プは「仕事·會社」「移動·變化」「勉强·學校」が上位カテゴリ―であり、合わせ63%を占めている一方、B-1グル―プは「仕事·會社」「競爭·戰爭」「話·社交」が上位で38%しか占めていないのである。勿論、本調査により抽出されている多義語の50語のVNも有意義な基礎資料として役立つと思われる。ただし、使用場面による連想法においてのより客觀的なカテゴリ―化が構築できればと思う。
키워드보기
초록보기
この硏究は近代の韓國語に受容された日本語語彙の硏究の一つとして、大韓帝國『官報』に受容された日本語語彙について考察したのである。韓國で『官報』が發行されたのは、1894年6月からであるが、發行された時期と主體により、三つに分けて考えられる。日本に國權を奪われるまで、(1894年6月から1910年)舊韓國政府が發行した大韓帝國『官報』と、もう一つは日本の植民地であった36年間、朝鮮總督府が發行した朝鮮總督府「官報」がある。そして、日本の植民地から解放された、1948年9月1日から大韓民國政府が發行した「官報」があるが、本稿で扱っているのは大韓帝國の時期に發刊された『官報』である。公文書である「官報」に告示された語彙は中央の政府はもちろん、地方の官廳まで傳われるので、その波及效果は相當なものである。また、「官報」に告示された內容は法律的な效力を持つ。もう一つ、注目すべきところは大韓帝國『官報』が最初は純漢文體であったが、漸次的に漢文混淆文(國語漢文混用文)で發行されたことである。大韓帝國『官報』に受容された日本語語彙數を調査した結果、大韓帝國『官報』には1,967個の單語が使用された。大韓帝國『官報』に受容された日本語語彙の語種には漢字語が壓倒的に多かった。その次が固有日本語、外來語、混種語の順である。また、大韓帝國『官報』に受容された日本語語彙は一部の西洋外來語を除いては、大體漢字表記語である。このように漢字は日本語語彙を韓國に導入するにおいて、重要な役割をしたのである。大韓帝國『官報』に受容された單語の中で漢字で表記されたのは、語種に關係なく、全部韓國の漢字音で讀まれた可能性が高い。近代の韓國語の語彙の成立には樣樣な要素が複雜に絡まっている。最初は中國の影響を受けたが、1890年代以降には、日本語の影響が大きかった。この意味で大韓帝國『官報』は、韓國の近代語彙の成立問題の硏究に重要な價値があると思われる。今後、今回の論文が殘した課題を補いながら『官報』についての硏究を續けて、大韓帝國『官報』が近代の韓國語の語彙の成立に及ぼした影響を明らかにしたい。
키워드보기
초록보기
本稿は、韓國人學習者を對象とする音聲敎育、特に日本語のより自然な驅使能力向上に向けての效果的アクセント習得方案の硏究を目標としている。これを達成すべく取り入れたのはバンデュラの觀察·模倣學習(モデリング)理論であり、マルチメディアを用いたモデリイングをもって學習者の能力とアクセント習得の相關關係を觀察した。なお、文字認識能力がアクセントの習得に與える影響と、モデリング音聲敎育が初級段階から導入された場合の效果を立證しようとした。實驗の際、旣學習歷別に初級と高級に分けて、テキストと映像の提示し方を調節することで、映像模倣によるアクセント習得の效果を觀察することにした。實驗の結果は次の通りである。テキストのみで實驗した場合、または、映像とともにテキストが提供された場合、被驗者たちが、恣意的な判斷により文字を認識し、音にすることが確認された。これは文字言語の習得が音聲言語の習得に必ずしも役立つものではないということを裏付けるもので、むしろ、テキストなしで映像だけ提供された被驗者の方かモデルになった映像の音聲に近い發音ができたことは注目に値する。こういう結果は、日本語音聲敎育を學習初期に導入するほど效果的だといった先行硏究の主張とも一致しているものであり、アクセントの敎育は文字に關する知識のない時から行われた方がより望ましいということが確認されたものともいえる。
키워드보기
초록보기
本稿では、現代日本語の複數の意味を表す疊語の構造と意味について考察した。考察結果をまとめると、次のようである。まず、疊語の構造上の特徵として、構造の多樣さが擧げられる。複數の意味を表す疊語は、「もの」「ひと」「こと」「ところ」「かず」といった樣樣な種類の名詞によって構成され、特に不加算名詞である「こと」名詞も疊語の形式によって複數の意味を表すという点で特徵的である。次に、複數の意味を表す疊語の意味上の特徵として、<總稱性><個別性><反復性>が擧げられる。疊語を構成する形態素は、「もの」「ひと」「こと」「ところ」「かず」のような、カテゴリ―の中のすべての要素を含意する一般的な、抽象的な槪念の形態素によって作られるが、このような<總稱性>によって、カテゴリ―の中のどんな要素でも複數の意味を持つものとして指示できる。また、カテゴリ―の中の個別的な、具體的な要素を强調する特徵を、本稿では疊語の<個別性>として定義したが、このような<個別性>によって、述語にも複數主體によって次次と動作がくりかえされるという<反復性>を確認することができた。以上のような考察結果により、現代日本語の複數の意味を表す疊語は、單なる<複數形>ではなく、個個の個別性を尊重しながらも全體として複數の槪念を表す、いわゆる<複個形>であると捉えることができる。
키워드보기
초록보기
本稿では日本語の[V-續ける]構文に現れる[事件の反復]と[動作の反復]という2つの意味解釋と、[V-續ける]構文が持っている複文構造と單文構造という2つの統語構造を明示し、[V-續ける]構文の2つの意味解釋と2つの統語構造との關係を考察した。その結果、[V-續ける]構文が複文構造の場合は[事件の反復]と[動作の反復]の2つの意味解釋と關係しているが、[V-續ける]構文が單文構造の場合は[動作の反復]の意味解釋と關係していることがわかった。このような結論を導くために本稿では[V-續ける]構文に[事件の反復]と[動作の反復]の意味解釋が現れるという事實を韓國語との比較を通してその可能性を探り、日本語母語話者の內省から[V-續ける]構文に現れるこのような2つの意味解釋を確認した。また、[V-續ける]構文が複文構造を持っているという事實は[尊敬語-主語]の共起現象と受動態文の現象を通して明示し、[V-續ける]構文が單文構造を持っているという事實は否定極性項現象、[尊敬語-主語]の共起現象、受動態文の現象を通して明示した。そして、このように導いた[V-續ける]構文の意味解釋と統語構造をもって、[V-續ける]構文が複文構造の場合の意味解釋と、[V-續ける]構文が單文構造の場合の意味解釋を示した。
1 2 >