글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

차세대 인문사회연구검색

N/A


  • - 주제 : 사회과학분야 > 인문지리
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기: 연간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 1738-6470
  • - 간행물명 변경 사항 :
논문제목
수록 범위 : 17권 0호 (2021)
초록보기
중국의 정당 정책연구소인 중국공산당 중앙당교(국가행정학원)는 전 세계에 있는 정당 싱크탱크와 훈련 연수기관 가운데 시스템이나 규모가 가장 큰 곳으로, 다른 나라의 정당 정책연구소와 우호, 친선관계를 맺고 있고, 고급 간부를 길러 내는 싱크탱크이자 교육 연수 기관이기도 하다. 본 논문은 상해사회과학원 싱크탱크 연구 센터에서 개발한 싱크탱크 평가 지표인 결정 영향력, 학술 영향력, 사회영향력, 국제 영향력, 싱크탱크 성장 능력 5개 요소로 중앙당교(국가 행정학원)을 평가하고, 중앙당교의 운영실태를 살펴보고 중국 정당 정책연구소의 바람직한 개선 방안에 대해 모색하였다. 특히, 서방국가의 정당 정책연구소에 대한 연구는 많지만, 한국과 가장 가까운 중국공산당 정당 정책연구소인 중앙당교(국가 행정학원)에 관한 연구는 거의 없기에 본 연구 결과는 권위주의 국가의 정당 정책연구소의 지평을 확대하는 계기가 될 것이다.

防衛協会·自衛隊協力会に関する一研究 ―1960年代の全国的設立を中心に―

中原雅人 ( Nakahara Masato )
5,900
초록보기
戦後の日本社会では、自衛隊に対する否定的な認識が広く共有されてきたと言われることが多い。とはいえその事は、当時において自衛隊に肯定的な認識を持った人々が存在しなかった事を意味しない。例えば、内閣府による世論調査は、少なくとも1960年代から2020年現在まで一貫して、自衛隊に対して肯定的な認識を持つ国民のほうが多かったことを示している。 同様に、自衛隊を支援する動きも存在した。その代表例が1960年代に全国各地で相次いで設立された、民間の自衛隊支援団体である防衛協会·自衛隊協力会である。それでは彼らはなぜこの時期、この様な自衛隊支援活動に取り組んでいたのだろうか。この様な疑問に基づき、本研究では、防衛協会·自衛隊協力会に着目し、それがどのような団体で、なぜ1960年代に全国で相次いで設立されたのかを社会的背景を含めて明らかにした。 まず、防衛協会·自衛隊協力会は、自衛隊支援と防衛思想の普及を主な目的とする民間の任意団体であった。1960年頃から駐屯地周辺の地域で設立が始まり、1960年代後半にはすでに全国で1,000以上の協会数と約60万人の会員数を擁する団体となっていた。また、1964年に設立された大阪防衛協会では松下電器産業(現パナソニック)の創業者で「経営の神様」と称される松下幸之助が初代会長を務め、1966年に設立された東京都自衛隊協力会連合会では日経連代表幹事の桜田武が初代会長を務めるなど、各地の有力な財界人が中心となって設立されたこともわかった。 こうした、防衛協会·自衛隊協力会設立の背景には、1950年代後半に高まる「非武装中立論」や「税金泥棒」批判といった「反自衛隊的風潮」に加えて、1960年代に高度経済成長下で広まった国民の生活態度、すなわち自衛隊·防衛問題への「無責任」「無関心」「無理解」などがある。そうした社会的風潮に対する懸念に加えて、1960年前後に起きた「伊勢湾台風」や「昭和38年1月豪雪」などの自然災害に派遣される自衛隊を支援しようと各地の財界人が声を上げた結果、防衛協会·自衛隊協力会が全国各地で設立されたのであった。

가정위탁 지원제도 발전방안에 관한 연구

박건우 ( Park Geon Woo )
6,100
초록보기
본 연구는 가정위탁 및 아동에 대한 정부지원제도의 효과성 즉 정책의 효과를 분석하는 것을 목적으로 하고 있으며, 연구목적을 달성하기 위해, 실질적으로 위탁가정에 이루어지고 있는 다양한 지원제도에 대해서 실제 정책을 집행하고 있는 담당자에 대한 인터뷰조사를 통해 어떻게 인식하고 있는지를 살펴보고자한다. 이를 위해서, 법안의 개정에 따른 비용지출을 추정하기 위한 비용추계 방법을 연구에 활용하였다. 비용추계방법은 추가적인 정부 재정지출 및 소요를 추정하는데 상당히 효율적인 방법으로 입법과정에서 보편적으로 활용된다고 볼 수 있다. 이를 위해서 위탁아동 양육수당 지원금의 인상을 통해 추가적인 재정소요를 살펴보았으며, 인터뷰 조사 결과에 더해 양육수당에 인상에 대한 추가적인 논의가 반드시 필요할 것으로 기대되고 있다. 본 연구는 향후, 가정위탁 및 아동에 대한 정부지원제도의 발전방안에 대해서 정책적 함의를 제시하는데 긍정적으로 기여할 수 있을 것이다.
6,200
초록보기
ブランド·リレーションシップとは消費者とブランドの関係性のことである。ブランド·リレーションシップの概念が提示される以前に, すでに消費者とブランドの関係性を示すブランド·ロイヤルティの概念が存在している。しかし, ほとんどの既存研究は両者の相関関係や因果関係に注目しており, 両者の概念的な違いやブランド·リレーションシップの意義に特化した研究が少ない。このような背景の下で, 本研究の目的は両者の相違点を指摘し, ブランド論におけるブランド·リレーションシップの位置づけを明確にすることである。 本研究では, まずブランド·ロイヤルティ論の限界を指摘し, 両者の相違点を「ブランド観」, 「消費者とブランドの関係」, 「ブランド価値」の3つの側面から考察する。そのうえで, ブランド·ロイヤルティを「態度的ロイヤルティ」と「行動的ロイヤルティ」に細分化し, それぞれの側面とブランド·リレーションシップの関係について論じる。

日本統治期台湾の市場経済化と価格伸縮性

陳玉芬 ( Chen Yufen )
5,900
초록보기
本論の主な目的は日本統治期の台湾における市場経済化の進展と価格の伸縮性が経済の安定に果たした役割を検討することである。賃金と価格が伸縮的であるとは、経済のかく乱が賃金と価格の変化として吸収されることを意味する。日本統治期台湾では、賃金と価格が伸縮的だったのだろうか。本稿では、台湾における日本統治期の1905-1943年のデータで市場経済化と経済発展の推移を概観した。我々の結果では、実質GDP、消費者物価、GDPデフレーター、男子と女子の製造業賃金それぞれの変化率で国民党統治期より日本統治期のほうが標準偏差、変動係数が大きい。日本統治期のほうが国民党統治期より適度に価格が伸縮的であり経済の安定に寄与したと考えられる。 次に、この時期の台湾の実質GDPと消費化物価指数を2変量構造VARモデルによって分析した。インパルス応答及び分散分解の結果によると、供給ショックにより実質国内総生産の変化率は大きく上昇するが、消費者物価変化率はあまり変化しないことが分かった。需要ショックにより、物価上昇率は大きく上昇するが、実質国内総生産変化率はあまり変化しないことがわかった。日本統治期の台湾は古典派が想定した経済と近いと考えられる。
6,400
초록보기
本稿は、1893年シカゴ万博に出品するために日本政府が作成を指揮した英文の日本通史であるHistory of the Empire Japan 『にほんれきし』における「神代史」記述分析を通じて、1893年前後の日本における修史·外交·教育の関係を新たな視点から検討することを試みた。HoEJは、その作成目的としては、国威発揚と貿易伸張の2点が挙げられ、また特に事務局は文部省に対し、制度や文物、商工業の発達進歩を記述するよう要求していた。実際の作成は、三上、高津、磯田という帝大卒の若手歴史学者が編纂を、重野·星野という編年史編纂掛委員が校閲を担当し政府と関係の深い翻訳者や出版社が選定された。HoEJにおける 「神代史」記述は、その作成に日本政府が大きく関与したものの、その内容を「事実」としてではなく 「信仰」の産物として叙述するものであった。従来の研究では、こうした歴史叙述は、1892-1893年に生じた 「久米事件」から帝国大学史誌編纂掛廃止に至る過程において政府からの抑圧を受けたと考えられてきたが、本研究は、むしろこうした叙述こそ政府が「公式」の神代史として対外的に示したものであったことを論じた。
6,300
초록보기
한국에서 다문화 가정이 증가하고 있는 상황에서, 부부간 갈등의 요인들을 살펴보고, 한국사회가 어떤 방식으로 갈등을 해결하는데 일조할 수 있는지를 제안하는 것은 시급한 과제로 등장하였다. 이에 따라 본 연구는 다문화가정 부부를 대상으로 결혼 후 갈등의 정도가 결혼 이전 배우자 나라의 문화를 이해하고 있었던 정도와 관련성이 있는가를 조사하였다. 연구는 설문조사를 실시하였고, 연구 결과 다문화가정의 이혼 가능성은 부부의 학력, 의사소통, 문화이해정도 등에 따라 다르게 나타남을 밝혔다. 구체적으로, 결혼상담소를 통해 배우자를 만난 것보다는 친구나 지인소개로 만난 경우 이혼가능성이 낮았다. 의사소통이 가능한 경우에도 이혼 가능성이 현저히 낮게 나타났다. 또한 배우자가 조사대상자의 모국어를 어느 정도 이해하고 대화가 가능한 경우에도 이혼 가능성이 낮게 나타났다. 상대방 나라에서 유학이나 근무 혹은 거주한 경험이 있다면 부부의 정상적인 결혼생활을 유지하는데 도움이 되는 것으로 나타났다. 결론적으로, 문화의 이해 정도가 이혼 가능성을 낮추는 것으로 조사되었다.
6,100
초록보기
本論文では、東アジア各国·地域(日本、韓国、中国、台湾)における友人の選択基準(友人のどのような資質を重視しているのか)、および友人の選択基準を規定する要因に文化差があるのかを確かめるために、East Asian Social Survey 2008のデータを用いて比較検討を行った。分析の結果、以下の点が明らかになった。 1)いずれの国·地域においても、友人の選択基準として、「道徳的資質」、「文化的資質」、「社会経済的資質」の3つの因子が抽出された。 2)いずれの文化においても、友人の道徳的資質が最も重視され、次いで文化的資質、社会経済的資質が続く。 3)中国は他の国·地域よりも、友人の文化的資質と社会経済的資質をより強く重視しており、中国と韓国は、日本と台湾よりも、友人の道徳的資質を強く重視している。 4)それぞれの文化における友人の選択基準を規定する要因について、共通点があるものの、文化差も見出された。

한국SGI의 전개 과정과 포교 현황 -문화회관의 건립·활동을 중심으로-

김현석 ( Kim Hyun Seok )
6,000
초록보기
오늘날 한국 사회에서 전체 종교 신자의 수는 점점 줄어드는데 반하여, 한국 창가학회(이하‘한국SGI’ 로함)만이 성장을 계속하여 공칭 150만의 신자 수를 기록하고 있다. 한국SGI는 일본에서 1960년대 초 국내로 유입되면서 전국적으로 퍼지기 시작하였는데, 오늘날까지 다양한 성장 과정을 거치면서 활동을 지속해오고 있다. 그러나 지금까지 한국SGI의 활동은 여러 우여곡절이 있었다. 일본에서 건너온 종교라는 점에서 왜색종교로서 정부·언론과 갈등을 빚기도 하였고, 그것이 종교 내부의 분열로 연결되어서 조직을 통합하기 위한 노력이 지금도 진행되고 있기도 하다. 왜색종교라는 비난을 극복하고 공칭 150만 신자를 가진 거대 종교집단으로 성장한 한국SGI의 존재는, 한국의 종교계는 물론 한국 사회 전체에 어떤 의미로 이해되어야 하는지에 대한 물음을 제기하고 있다고 하겠다. 따라서 본 연구는, 한국SGI의 발전과정과 현(現)실태에 주목하여 종교세력으로의 성장 과정을 살피고, 종교집단으로서의 조직과 활동의 거점이 되는 문화회관의 성립과 현황을 검토하여 다음과 같은 결론을 도출하였다. 첫째, 한국SGI의 활동 거점인 문화회관은 초기 회원들의 영향으로 경상도 지역에 편중되는 경향을 보인다. 둘째, 한국SGI의 성장 과정의 성공은 문화회관의 수적 성장과 비례한다고 볼 수 있다. 셋째, 문화회관의 건립이 2017년부터 그 수가 줄어들고 있는데 이러한 현상은 한국사회 전체 종교인구의 감소와 그 흐름을 같이하기 때문에 앞으로도 지속하는 현상으로 판단된다.
6,100
초록보기
本稿は、『沙石集』における三学観と多彩な方便との関連性を分析して、方便の組み合わせが導入される目的とその思想史的意義を考察しようとするものである。 『沙石集』では、三学が「方便」(手段)と「実所」(無相無念)に分けられているように、無住は常に三学の実所を見据え、それを実現できる方便に注目して、神明、和歌陀羅尼、衆生がもつ仏性を戒、定、恵の三学に配当している。かかるプロセスを経て、凡夫であっても悟りを開くことができると無住は信じていた。 鎌倉時代に成立した「禅教律」十宗観において、各宗派は自宗の論理に基づく三学の新解釈を打ち出したが、それらが三学の中の一学に絞り込んだ取捨選択であったため、自宗の論理を誇示すると同時に他の宗派を謗る風潮に拍車をかけた。この問題が、仏法の応用である三学を絶対的、排他的に捉えることによるものと無住は結論を導き出した。したがって、三学を戒定恵に拘らない形、かつ誰でも修行しやすい形で凡夫に説き聞かせることは『沙石集』の筆を起こし始めた最大の理由であり、その結果として、上述した方便の内容が盛り込まれてきたと考えられる。
1 2 >