글로버메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단메뉴 바로가기

논문검색은 역시 페이퍼서치

일본어교육검색

Journal of Japanese Language Education Association


  • - 주제 : 어문학분야 > 일어일문학
  • - 성격 : 학술지
  • - 간기: 계간
  • - 국내 등재 : KCI 등재
  • - 해외 등재 : -
  • - ISSN : 2005-7016
  • - 간행물명 변경 사항 :
논문제목
수록 범위 : 26권 0호 (2003)

일본 만화 유해론의 사회적 성격 변화 연구

강기철 ( Kang Gi Cheol )
한국일본어교육학회|일본어교육  26권 0호, 2003 pp. 199-219 ( 총 21 pages)
6,100
초록보기
1945年以後日本のマンガは1959년講談社のマンガ週刊誌『少年マガジン』を初めとして1960年代を經ながら、質的にも量的にも急成長するようになった。量的な成長は1995年半ば日本最大のマンガ雜誌である集英社の『週刊少年ジャンブ』が600万部を記錄したことである。この記錄は當時日本最大の新聞社である讀賣新聞の1000万部と朝日新聞の850万部近くのメデイアとして成長しているということを意味する。質的な成長は1980年代半ばの石の森章太郎の『マンガ日本經濟入門』の影響で情報マンガのブ-ムを例えることができる。その他、マンガの文學への影響と政府視覺の肯定的な變化がうかがえる。 しかし、このような日本マンガの質的·量的成長の裏面にはマンガに對する否定的な視覺が存在したという事實も否認することができない。その代表的な例として1950年代惡書追放運動と1970年代ハレンチ學園の騷動、1990年代マンガの性表現規制論爭などで最近までマンガを巡った贊否論爭が持續的に進められてきた。 本硏究では先ず日本マンガの成長裏面に存在した各時期の①日本マンガの有害論爭の經過と②この論爭を通じて日本社會の性格變化について考察した。この論爭で筆者が關心を持つことは何故マンガというメデイアが有害論爭の中心に存在するのか。言い換えればTV、映畵、ビデオのような他のメデイアも多いのにも關わらず何故マンガイシュ-化されたのかである。從って、このような疑問点を持って特に1990年代マンガ有害論爭の中で日本マンガが占めている社會的意味について調査した。 本硏究はマンガというメデイアの良し惡しは論外にして、マンガというメデイアを通じて日本社會を考察するものである。そして本論文では有害論爭の範圍を1950年代∼1990年代までと設定したが、實際では1990年代の日本マンガに對する論議を中心に日本マンガを通じて日本社會の構造的特性を理解しようとした。 まず第Ⅱ章では戰後日本で論議されたマンガ有害論爭に對して經過を考察した。 第Ⅱ章ではⅡ章で見た戰後マンガ有害論爭の經過に對して考察を基にして1990年代に焦点を合わせて日本社會の性格變化について考察した。先ず、マンガ有害論爭を通じてわかることは①1990年代に差し掛かりながら日本社會でフエミニズムの擴大が成り立ってことを確認した。すなわち1990年代論爭が單純にマンガの有害論爭に止まらず、この論爭を通じてフエミニズムの性格が介入する問題にまで發展したということである。②そしてマンガというメデイアの影響力擴大を例に拳げた。日本全國にかけて有害論爭が展開されるほど、マンガが日本社會における影響力が擴大されたことがわかった。最後にマンガ有害論爭としては③日本社會で主流/非主流文化論の衝突を引き起こしたということである。この文化論の衝突は日本社會を理解するパラダイムが變化したということを物語っている。

한일 양국 직장인의 여가 활용에 대한 의식구조 비교 고찰

박청원 ( Park Cheong Won ) , 안병곤 ( An Byeong Gon )
한국일본어교육학회|일본어교육  26권 0호, 2003 pp. 221-257 ( 총 37 pages)
7,700
초록보기
日·韓兩國の社會的構造はそれぞれの特徵を持ちながら發展しつつあって多樣なところにわたって兩國の文化の違いとしての社會的行動が見られる。得に組織內の人間關係をのぞいでみるとその國の文化の違いによる考え方の違いから産み出された社會的行動がところところに見られていると思われる。社會的行動の違いはその國の特徵として現れやすいことはもちろん、その影響は職場にも及ぼすことになっているとも言える。そこで文化の相違による意識はどう違っているのか。というところで職場を中心に意志調査を行って各項目別にアンケ-ト調査を行い、調査の內容は大きく分けでつぎの二つの項目である。 アンケ一ト調査の方法としては日本の職場にアンケ-トペ-パを依賴してチェックしていただいて韓國の調査でも韓國の職場にアンケ-トペ-パを廻してサラリ-マンは仕事と余暇の關係に關する意識の調査で日·韓國兩の余暇に關する意識をサラリ-マンを對象にして調査することにする。その結果、仕事と余暇に對しては日本の方が仕事優先で韓國の方は仕事と余暇の重さは兩方とも重要であることが明 らかになった。その次の一つである生き方を生活目標として理想的な職場人として基本になる價値觀の調査では未來の人生が中心になる傾向は韓國の方で現在の生活中心は日本の方が全般的に多かったことがわかった。 最後の宗敎の問題ですが韓國の方は傳統的な宗敎中心であるが日本の宗敎はとても複雜な問題の多いためアンケ-ト調査では結論が難しく今後の問題に殘しておきたいと思う。

근대 이전의 『정한』 -『새역사교과서』를 중심으로-

정상균 ( Jeong Sang Gyun )
한국일본어교육학회|일본어교육  26권 0호, 2003 pp. 259-274 ( 총 16 pages)
5,600
초록보기
21世紀に入ってから日本の中學社會敎科書である『新しい歷史敎科書』の發行が、日本とアジア諸國との關係を感情的にいっそう刺激している。本槁はこの点に着眼して、第1章では本槁の目的と展開方法を明確にし、第2章では『新しい歷史敎科書』の內容の中で「征韓」と關連している內容を時代別に分けて原文を分かりやすく譯している。そして、第3章では『新しい歷史敎科書』の編纂に携わった人の中で日本の右翼勢力を代表する藤岡氏と勝岡氏の主張を整理してみた。そして、最後に日本人の歷史意識の欠如を、ドイツの前連邦大統領であるウァイゼッカ-(Richard von Weizsker)の1985年5月8日、終戰40週年記念日での演說「~過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目であるます。非人間的な行爲を心に刻もうとしない者は又そういう危險に陷りやすいものです。(後略)」と比較して理解を深めている。 本槁はこれまで漠然としていた日本の指導層による妄言の歷史が、『新しい歷史敎科書』という決定版の解釋を通じて我??の身の處仕方を再確認してみようとする試みの始まりである。
<< 1 2